カードローンの限度額の決まり方について

カードローン審査の限度額というのは、審査が終わるまではわかりません。
よく最高500万円までという表記を見かけるでしょうが、500万円まで借りられるのはごく一部の方です。
通常は50万円程度、多くて100万円というケースが多く、返済能力に応じて金融機関の判断によって決められます。
消費者金融カードローンの限度額の決まり方は、年収の3分の1以内の範囲で決定されます。
総量規制によって借りられる上限が決まっているため、これを超えることはありません。

銀行カードローンに関しては総量規制は影響しませんが、だからと言って無制限には借りられません。
銀行の場合の限度額も、消費者金融とそれほど大差ないと考えていいでしょう。
消費者金融より高額設定になる場合もありますし、少ない金額になることもあります。
ひとつ言えることは他社からの借入があると、融資も少なくなることです。
カードローンというのは最初に借りるローンが一番高額融資になりやすいのです。
2件、3件と申込件数が多くなるほど借りられる金額は少なくなると考えていいでしょう。

限度額の決まり方には、過去のカードローン利用状況も考慮されます。
健全に借りて返済した履歴があれば、初回から高額を借りやすくなります。
逆に延滞を何度もしていたり、任意整理などの債務整理をしたりすれば、審査に通らないこともあります。
個人信用情報の履歴を健全にするためにも、ローンやクレジットカードの遅延は避けるべきなのです。